健康診断で高脂血症(脂質異常)と言われたらDHA・EPAを!

脂質異常とは?
脂質異常とは血液中の脂質の量が健康的な診断基準と異なっている状態を指します。
  • コレステロール
  • 中性脂肪
  • リン脂質
  • 遊離脂肪酸

 

これらの4つの血中脂質は一定のバランスが保たれています。以前はこれらの脂質の値が高い状態を「高脂血症」と呼んでいました。

 

コレステロール値が動脈硬化に関わっていることを踏まえ2007年の日本動脈硬化学会のガイドラインから「脂質異常症」と呼び名が変わりました。
現在ではLDLコレステロール、HDLコレステロール、中性脂肪の値から脂質異常症が診断されています。

 

 

脂質異常症の診断基準
  • LDLコレステロール値 140mg/dl以上
  • HDLコレステロール値 40mg/dl未満
  • 中性脂肪値 150mg/dl以上

LDLコレステロール値が高いと、動脈硬化が進み心筋梗塞、脳梗塞といった命に関わる病気を引き起こしやすくなります。

 

HDLコレステロールは古くなったり余ったりしたコレステロールを回収しリサイクルする働きをします。

 

HDLコレステロール値が低いということは不要なコレステロールが減らず増える一方であることを示しています。

 

中性脂肪が増えすぎるとHDLコレステロールが減少し、LDLコレステロールが増加し動脈硬化のリスクが高まります。

 

脂質異常症の診断基準3つのうち1つでも当てはまれば脂質異常症です

脂質異常症の基準は薬物療法を行う基準ではなく、生活習慣を見直して脂質異常を改善をする目安とされています。

 

過去に動脈硬化がきっかけの病気になった方や生活習慣を見直しても脂質異常が改善しない方は、EPA錠剤やスタチンなどを用いた薬物療法が行われる場合があります。

 

 

なぜ脂質異常になってしまうのか?

なぜ脂質異常症になる? 食べ過ぎや運動不足で消費されなかったエネルギーは中性脂肪と蓄積され肥満となります。体重が1kg増えると、肝臓で合成されるコレステロールの量が200mgほど増えるといわれています。

 

肥満は中性脂肪の増加やコレステロールの増加に関係していることから脂質異常を招くことがあるといえます。特に、炭水化物などの糖質の摂り過ぎは内臓脂肪型肥満(メタボリックシンドローム)になりやすく、皮下脂肪型肥満の人よりも脂質異常をきっかけにして起こる生活習慣病になりやすいことが指摘されています。

 

女性の場合では、更年期のホルモンバランスの乱れからコレステロール値が上がりやすくなるそうです。エストロゲンが減少するとLDLコレステロールが増えやすくなるためと考えられています。

 

また、タバコに含まれるニコチンによって分泌されるカテコールアミンというホルモンが中性脂肪やLDLコレステロールを増やし、HDLコレステロールを減らすと考えられています。実際にタバコの本数が増えるほど中性脂肪が増え、HDLコレステロールが減るというデータがあるそうです。

 

 

運動嫌いな人は特にDHA・EPAを多く摂って脂質異常を改善しよう!

脂質異常症と診断されると、食事療法と運動療法による生活改善が基本となります。
運動嫌いならEPA・DHAサプリがおすすめ!食事療法は栄養士のアドバイスや家族の協力を得られやすいのですが、運動療法は本人の意思がなければ続きません。運動習慣のない方がジョギングや水泳をはじめようとしても負担が大きすぎます。

 

そのような方には脂質異常の改善効果があるオメガ3脂肪酸のDHA・EPAの摂取がおすすめです。

DHA・EPAを多く含む青魚の献立を増やしながら、足りない分はサプリメントやドリンクで補うと効率的です。

アテローム性動脈硬化(コレステロールなどが動脈の内側にこびりついた状態)の患者をDHA・EPAを含むフィッシュオイルを投与したグループと投与しなかったグループに分けた実験がアメリカで行われました。6ヵ月後、投与しなかったグループはアテロームがこびりついたまま、DHA・EPAを投与したグループはアテロームがほとんどなくなっていたそうです。

 

この実験の結果とサプリメントは3ヶ月から半年かけて効果を試すといわれていることからDHA・EPAのサプリメントは気長に続けることがポイントとなりそうです。DHA・EPAを効率よく摂取しながら、ウォーキングやストレッチなど簡単な運動からチャレンジしましょう!

 

◎当サイトのイチオシ!DHA・EPAを効率よく摂れるサプリはコレ!

 

 

 

中性脂肪を下げる方法 - TOPへ